活動の内容

スポーツコーチング・イニシアチブは、指導者・保護者に対して、学ぶ機会を創出することで、日本におけるスポーツ教育をより良いものに変容させることを目的としています。その結果、スポーツの価値を理解し、体現できるアスリート/子どもが増えることを目指します。スポーツの競技を横断して、指導のあるべき先を照らすためのかがり火となるために、スポーツに身近な方々は勿論、多種多様なセクターを越えて挑戦します。

特定非営利活動法人スポーツコーチング・イニシアチブ
代表理事 小林忠広

事業概要

Positive Coaching Alliance(PCA)の普及

「選手の競技力向上」と「人間としての内面の成長」を促す「ダブル・ゴール・コーチング」の普及を通し、日本に求められている、21世紀を拓く人をスポーツから育てます。
PCAワークショップ活動レポートはこちらから

オンラインメディアの運営

スポーツ指導において、全ての指導者に各領域のトップレベルの知見が届くように、指導現場で求められている情報に特化して配信します。
オンラインメディア コーチダイジェストはこちらから