芦村佳那子

スポーツコーチング・イニシアチブにかける想い

スポーツとは何か。以前は私はこの問いに対し、心のどこかで「遊び」という考えがありました。中学1年生から大学1年生までの7年間サッカーをしていた私は、現役時代常に真剣な思いでサッカーに取り組んでいました。しかし、サッカー選手になることが夢ではない私にとって、サッカーをしている時間が将来の役に立つとは思えず、不安に感じるようになりました。結局、その考え方が原因となって、現役生活を「引退」ではなく「退部」という形で終止符を打つことに決めました。‬‪

辞めた後、私という存在の人間形成をしているのはスポーツであったと感じ、また、スポーツにはリーダーシップやマネジメントなどのスキルを伸ばす力があるということにも気付く機会をSCIでもらいました。その時に私が感じたことが、現役の時にこれらのことに気付くことができていれば、スポーツをしている時間をより価値のあるものにできた、ということです。‬‪

この思いが私のSCIで活動する原動力となっています。多くの人がどんな形であれ好んでスポーツに関わっています。そんなスポーツがより多くの人にとても価値あるものだということを認識され、社会の中でスポーツというものの考え方が変わることができれば、社会は良い方向に確実に進むことができると信じています。そのために、私はSCIという立場からスポーツをRe-cultureしていきたいと思います。‬

普段の活動など

中学1年生から大学1年生まで7年間サッカーをやっていました。現在は中学1年生から高校3年生までお世話になったチームでコーチとして関わらせてもらっています。 現役時代の私のことを後輩は「鬼教官」と呼びます。自覚は多少ありましたが、プレーヤーだった頃の私は、後輩に対し良い先輩であったとはとても思えません。チームの中で良い選手であったかどうかも疑問に残ります。

コーチをやらせてもらっている今、鬼教官だった頃の自分を振り返り、思うことがあります。それは、自分ではなく相手を第一優先に考えることです。現役の頃は自分を中心に考え過ぎてしまっていたという反省を生かし、選手一人一人をしっかりと見て、このサッカーをしている時間を楽しく、より価値あるものにできるようなコーチを目指したいと思っています。

そして、この思いはSCIでの活動に深く関わっていると感じています。そのため、両者でまた、それ以外の場所でも思いを実現できるように頑張っていきたいと思います。

慶應義塾大学経済学部2年生

Leave a Comment